新企画進行中。

いつも「童謡・唱歌の文化史」をお聴きいただき、ありがとうございます。おかげさまで先月、第10回の放送を終えることができました。今後につきましては現在企画中ですので、決まり次第アップさせていただきます。

続きを読む

第十回「みかんの花咲く丘」♪

終戦から一年、ようやく復興の明るい兆しが見えてきた昭和21年。作詞家・加藤省吾と作曲家・海沼実の出会いにより「みかんの花咲く丘」が誕生しました。NHKのラジオ番組「空の劇場」のテーマ曲として、川田正子が歌って全国的に大反響を呼んだ作品です。伊東市宇佐美から天城連峰に向かう亀石峠には「みかんの花咲く丘」の歌碑もあります。 企画・構成・解説:梶 亨(観光文化創造研究所代表) 歌:なげのあやか…

続きを読む

童謡コンサート♪

なげのあやか出演による童謡コンサートのご案内です。 7/15(金) 19:30〜「童謡のすゝめコンサート」 日本の童謡史は、音楽の歴史であると同時に、 「こどもに与える音楽はどんなものが良いのか考え続けてきた 大人たちの歴史」でもあります。 堅苦しい内容になりがちだが高尚な美しさも持つ 「唱歌」(故郷、冬景色など)に対して生まれたのが「童謡」 (赤い鳥小鳥、しゃぼん玉など)。 …

続きを読む

第九回「この道」♪

北原白秋が札幌を旅した時の印象を綴ったといわれる格調高い詩に、山田耕筰が曲を書いた「この道」は、日本が誇る芸術歌曲です。「あかしやの花、白い時計台」という札幌のモダンな風景を思わせつつ「おかあさま」「馬車で」「ああ、そうだよ」と懐かしい故郷につながる言葉。そしてドイツ帰りの山田耕筰による極上のメロディは国民共通の文化財とも言えるでしょう。どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。 企画・構成・解説:…

続きを読む

第八回「夏は来ぬ」♪

初夏を迎えた田園風景を、格調高い日本語で歌いあげた唱歌「夏は来ぬ」は、作詞・佐佐木信綱、作曲・小山作之助によって明治29年(1896年)に発表されました。早乙女、玉苗など、歌人の美しい言葉によって表現された唱歌の世界をお楽しみ下さい。(写真は「卯の花」です) 企画・構成・解説:梶 亨(観光文化創造研究所代表) 歌:なげのあやか ピアノ:石川菜緒 朗読:秋山雅子 録音・編集:市川仁志…

続きを読む